あけび

激甘のあけび ハウス栽培

最近はあけびも栽培されるようになりました。天然物と比べると大きさは倍以上、果肉も詰まってとてもおいしいです。

●福岡のあけび●

あけびは本来は野山に自生していて、昔は秋口にちょっと山にはいるといくらでも採れたものでした。しかし、最近はなかなか天然あけびは入手が難しくなっていて、去年はネットで販売できるような品はありませんでした。

そういう時代の流れか、あけびも栽培されるようになってきました。 今回はお茶で有名な福岡八女産、天然物と違って、めちゃくちゃきれいな色をしています。

そして、中のゼリーもてんこもりにはいっています。
あけびは中のゼリーを種ごとほお張って頂きます。砂糖のような甘さが口いっぱいに広がります。種はペッと出してくださいね。


で、皮が結構厚いのですが、この皮がいろいろな料理に使えます。あけびをよく知るお年寄りは、実よりも皮の方を重宝します。「こいがうめっじゃが」と言われます(笑)。


あけびの皮は水にさらしてアク抜きしてから、いろいろな料理に使えます。天ぷらや味噌和え、炒め物などなど。

福岡のあけび
1玉 約200g

税込 580円