安納芋今ではすっかりお馴染みになってきた安納芋、当店ではブームのずっと以前の15年前からネット販売しています。おいしいものが世の中に認知されるのは嬉しい事ですね。

安納芋は1698年に南西諸島から鹿児島県の種子島に伝来、その7年後には九州本土、鹿児島の大隅半島に伝わりました。
品種交配の盛んなサツマイモにおいて、なんと300年以上もそのまま伝わる芋というのは、まさに生きた化石、化石芋と呼んでも過言ではないかもしれませんネ(笑)
中は輝くような黄金色、食感は柔らかめ、しっとりしてなんともいえない風味と、とても質のいい舌に絡むような甘さがあります。激ウマです!
焼くと蜜のように糖分が流れてきます。これが蜜芋安納として銀座から全国へ大ブームになりました。

一番人気 種子島の安納紅

安納紅一口に安納芋といっても何種類もあります。普通に安納芋と言うと、この安納紅の事です。
安納紅はこのネッチョリとした食味が魅力ですね。途中でホクホクになりますが、もっと長く焼くとベチャとなってきます。このベチャという状態で、安納芋本来の甘さがでてきます。
安納芋はお芋というよりお菓子に近いような甘さがあります。今ではすっかり有名になりましたが、それまで埋もれていたのが不思議なお芋です(笑)。

注)今が最盛期、年を越して熟成された安納芋は最高にあまいです。



      
注) 安納芋は必ず焼き芋で食べてくださいネ。 煮たり蒸したりしても、本来の味とは程遠いです。電子レンジもだめです。 オーブントースターで1時間くらい焼くと、誰でもおいしくできあがります。
種子島の安納芋
3kg 税込1750円
5kg 税込2500円

お買い得 鹿児島本土の安納芋

最近は鹿児島本土でも安納芋の栽培が盛んになっています。特にここ2〜3年は著しく内容が良くなっています。そして、お値段がグンと安くなりますので、これは狙い目ですネ。毎回人気があります。

さてさて、今回入荷したのは鹿児島大隅半島の品です。ベチャッとしたスイーツのような味わいを堪能できます。
そして、種子島以外の安納芋はかなりお安いです。これもねらい目!!

注)安納芋は味的には2月〜3月が最盛期となります




鹿児島大隅の安納紅
newお待たせ!! 入荷しました
3kg 税込1200円
5kg 税込1850円


トップへ