宮崎フルーツの代表選手日向夏

日向夏は1820年(文政3年)に偶然宮崎の民家で発見された珍しい柑橘です。白皮(アルベド)ごと食べると、なんともいえない素敵な味わいが生まれます。みかんの種類は数多いですが、白皮も食べるのはおそらく日向夏だけだと思います。
この日向夏、実は宮崎マンゴーに負けないくらい、いやそれ以上に私のお気に入りの果物なのです。
日向夏は12月〜4月まで、半年近くあります。これだけ期間の長い柑橘というのも珍しいですね。
特徴的なのは白皮(アルベド)ごと食べる事ですが、最近はみかんみたいに手で皮を剥いて、白皮は食べないという日向夏も出てきています。
また、日向夏の変種にあたるのですが、「はるか」というすごくおいしい柑橘もあります。
当店では、その時その時でおいしい生産者さんの品を選んで送ります。みなさんの「うまい」の声が励みです。

★食べ方に特徴があります  →  食べ方(剥き方)    
★黄色い外皮も利用できます  →  お客様から教えていただいたレシピです

商品メニュー
ハウス栽培日向夏 価格は税込です
 プリンセス種無し日向夏 11〜13玉 2kg 3580円 
種の少ない日向夏 11〜13玉 2kg 2280円
露地栽培日向夏 価格は税込です
露地日向夏  入荷待ち  

一番人気の種無し日向夏(ハウス栽培)

●プリンセス種無し日向夏

種無しはやはり圧倒的な人気があって、はなまるでも一番人気の商品です。種がないため、芯まで食べられるので思った程は高くはないです。

種無しは県内では大束や日南、宮崎中央、綾や清武などで作っています。宮崎県内のみかんができるところではほぼ日向夏も作っています。日向夏はそれだけ宮崎に定着している柑橘なのです。
黄色い外皮を包丁で剥いて、白皮ごとカットして食べます。甘みと酸味のハーモニーです。

プリンセス種無し日向夏
11〜13玉入 約2kg
税込3980円
終了みたいです



●綾の種無し日向夏

宮崎県でも日向夏の最大産地、綾町の日向夏も開始です。綾町は日本最大の照葉樹林の残る町、自然回帰農業に町ぐるみで取り組んでいます。

その綾町を代表する果物が、この日向夏です。食べてみるとさすが綾産という感じの味、コクがあって一味違います。県内でもいち早く日向夏に取り組み、長年培われたノウハウには一石の長があります。白皮の質もとてもよくておいしいです。見た目もきれいで、トータルバランスに優れた素晴らしい日向夏です。
まだありました!
綾の種無し日向夏
11〜13玉入 約2kg
税込3980円



●種の少ないハウス日向夏
 激ウマ品!!


ハウスものはぼほぼ終了ですが、とても甘くておいしい品が入荷しました。
今の時期のハウスものは貴重です。柔らかくて上質な風味はまた露地物とは一味ちがいます。
で、今回の品がまたおいしかったのです。濃い甘さとマシュマロみたいな白皮のハーモニー、絶品といっていいでしょう。種も少なくてほとんど気になりません。
終盤にこんなにおいしいハウスものが入荷する事は珍しいです。大当たりでした(笑)。
激ウマハウス日向夏
12〜13玉
 2kg
税込2280円


お徳用もあります
4kg
税込3780円

濃い味、露地栽培の種有日向夏


ハウス栽培のやさしい味わいに対して、露地物はキリリとしたコクがあります。好みの分かれるとところですが、私はこちらの露地ものの味が好きです。「食べた〜」という後味がいいです。ちょうどハウスみかんと露地みかんのような違いがあります。露地ものでないといけないというお客様もたくさんおられます。
●激安露地日向夏

日向夏もそろそろ終盤、露地ものも長らく品切れですみませんでした。
久しぶりの露地ものが入荷です。
露地物らしいキレキレの野性的なお味、日向夏本来の味を堪能できます。
甘さと酸味の調和が見事です。やっぱり、露地ものはおいしいですネ。
暑くなると柑橘類は一気に減ってきます。
悔いの残らないように食べておきましょう(笑)。


露地日向夏

入荷待ちです


日向夏の食べ方(剥き方)

外皮を剥いた状態りんごをむく要領で日向夏の外皮(黄色い部分)をうすくはぎます。白皮(アルベド)は残します。





乱切りにしてさあ食べよう。もちろんきれいに切っても構いません。
砂糖や醤油をかけてもおいしく頂けます。種有りの場合は芯を残すように削ぎ切りします。
カットした状態








外皮の利用法

1.日向夏の蜂蜜漬 超簡単
1)日向夏の皮を細かく刻んでから水にさらし、ザルにあげて水気を切ります。
2)ガラス瓶(ジャム瓶など)に皮を入れて、皮が漬かるぐらいまで蜂蜜を入れます。
 (あまり多く入れるとすぐ吹いてしまうので、瓶の半分くらいが目安)
3)ふたをしないでそのまま電子レンジに入れて加熱します。
 (分量により加熱時間は調節します。長時間だと吹いてこぼれてしまいます)
4)レンジから出したら熱いうちにふたを閉めて、余熱を通します。
5)冷めたら冷蔵庫で保管します。

この蜂蜜漬を水やソーダで割ると、とってもさわやかな香りと甘みが楽しめます。また、ケーキやクッキーの材料としても重宝しますよ!

簡単ですので、ぜひ試してみてくださいね!


2.日向夏のピールチョコレート
 用意するもの
  ・電子レンジ
  ・電子レンジの皿または大皿
  ・クッキングシート
  ・箸
  ・スプーン
  ・耐熱ボール(パイレックスガラスでも電子レンジ耐性陶器製でも)
  ・冷凍冷蔵庫
  ・できたピールチョコレートを保存する容器

 材料
1. 日向夏の果実:中身を食べた残り、何個でもいい。
2. グラニュー糖:日向夏の皮の重さの8割から同量。はちみつで全体の味調整。はちみつの甘さは砂糖の5倍で換算。
3. 板チョコ:ブラックでもミルクでもお好みで。重量も適当。余ったら多めにチョコレートを載せればいいので。

 料理手順
1. 日向夏の上下の皮を包丁で切り取り、残りの皮を包丁で厚めに幅広く、縦に切り取ります。
2. 切り取った皮をさらに5ミリ幅で縦に切り、全体の重さを量り、耐熱ボールに移します。
3. それに、同量から80%の重さののグラニュー糖を加えます。
4. 軽く混ぜ、電子レンジ強で2分熱した後、取り出しかき混ぜ、もう一度2分位熱します。
(ある程度、柔らかくなるまで、電子レンジで温めます。)
5. 電子レンジより取り出し、かき混ぜ、オーブン皿にクッキングシートを広げて、その上に一つ一つ離して置き、あら熱を取ります。
6. 板チョコ(ブラックでもミルクでも、お好みで)を2センチ角くらいの大きさに割り、耐熱ボールに入れ、電子レンジ強で数分間、チョコレートの溶け具合を見て、不安なら時々止めて、スプーンなどでチョコレートの溶け具合を確認して、温めます。8、9割溶けたところで止めます。(完全に溶かすと、チョコレートが温まりすぎて、中が焦げて、苦くなったりいたします。)
7. 溶けたチョコレートをかき混ぜ、全体を均一にします。
8. その中に、あら熱を取った日向夏を数個ずつ入れ、全体にチョコレートが覆わせ、箸で一つずつ取り出し、クッキングシートの上に置きます。
9. 残った溶けたチョコレートをスプーンで少し取り、クッキングシートに広げた日向夏にさらに載せます。
10. ある程度、載せたチョコレートも固まったら、広げたままのクッキングシート毎、冷凍冷蔵庫の冷凍室に5分ほど置きます。
11. 後は取り出して、きれいな箱やケースに移して、冷蔵庫に保存してください。日向夏の香りが口いっぱいに広がるおいしいピールチョコレートが できます。


トップへ