紫芋 いろいろ

次世代ムラサキ芋 福ムラサキ


新しいムラサキ芋が入荷しました。その名も福ムラサキ。
パープルスイートロードと九系255との交配種、2018年デビューのバリバリの新人です。

この芋、なんというか食感がすごくて柔らかいのですが、モチモチしています。かるかんのような独特の歯ざわりがあります。
甘さも相当なもので、これはムラサキ芋を凌駕した味です。まるで和菓子を食べているような感覚になりました。ムラサキ芋の新しい味といってもいいでしょう。お芋もどんどん進化しています。
写真ではわかりにくいですが、紫色も濃いです。アントシアニンもパープルスイートロードより多いそうです。


宮崎の福ムラサキ

大小混合になります。
3kg  税込1980円
5kg  税込2980円
完売御礼

ムラサキマサリ


ここ都城生まれの「綾紫」と「シロユタカ」の交配種です。紫と白をかけると、答えは紫でした(笑)。
白芋をかけると紫芋は薄くなりそうですが、何故か親の綾紫よりも濃くなっているようです。

このお芋、綾紫ゆずりのホクホクの食感、お茶が欲しくなるような味わいです。紫芋特有の風味がタップリです。
紫色がものすごく濃くてスウィートポテトやジェラートの材料としては、色合い食味ともに最高です。ポリフェノールも多そうです。
紫芋というと加工用で無味淡泊なイメージがありますが、この品は普通に焼き芋でも結構おいしいお芋です。

一時期、紫芋は大流行しましたが、ブームの去った今では逆にレアになってきていて、問い合わせを頂いてもなんなかないパターンが多いです。いざ探すとないのが紫芋です(笑)。

宮崎の紫まさり
3kg  税込1550円
5kg  税込2300円
完売御礼

おいしい山川紫

ムラサキイモにはアントシアニンという成分が大変豊富で、その方面でも多大な注目を浴びています。

今回は数あるムラサキイモの中でも一番紫色の濃い、山川紫という品種です。昔はよく入荷していましたが、最近は見かけなくなっていましたが、久しぶりに対面しました。
アントシアニンは紫色が濃いほど多いそうですから、この山川紫がその点では一番かもしれないですね。

山川紫は元々淡白なお味なのですが、この芋は結構おいしいです。今の時期、新物の山川紫としてはかなりうまいと言えるでしょう。そして、食感がホクホクなのです。最近はシットリ系のお芋が全盛で、このホクホクした栗のような食感は逆に新鮮に感じました。


宮崎の山川紫
ドド紫!!
3kg  税込1580円
5kg  税込2380円
終了です

紫宝芋 5年ぶり♪


それはそれは昔1990年代、こちら南九州では普通に紫芋が流通していました。ブームになる前の話です。
その頃スタンダードだった紫芋がこの紫宝です。今では数ある紫芋の中でも超マイナーな存在になってしまいました。

この芋は生の状態では紫色が薄いのですが、加熱すると色がでてきます。
紫芋の割には味がよくて、普通に焼きいもにしてもおいしくいただけます。手軽にアントシアニン、ポリフェノールも摂取できますね。

果肉はごらんのように薄い紫と白っぽい果肉の紋様のような感じ、焼きたては柔らかしっとり系、冷えてくるとホコホコになります。
今年はとにかく紫芋が少なくて、スイーツなどの素材としても大変不足しています。山川紫などからすると紫色は控えめですが、紫芋があるだけで有難いです。
もちろん、普通に焼き芋として食べるのもグッドです。

宮崎の紫宝芋
M〜L混合
3kg  税込1550円

5kg  税込2300円
終了です

2L〜3L混合
3kg  税込1370円

5kg  税込2120円
終了です

トップへ

関連商品一覧

紅はるか
シルクスイート

ページの先頭へ